塗料の塗り方ナビ

塗膜が形成されるしくみ

塗料は、被塗物あってこそのものです。

 

ですから、塗料は、どんな形状の被塗物であっても被覆することが必要です。

 

そこで、塗料の条件としては、以下の2点が挙げられます。

 

(1) 塗れる(液体であり流動すること)

 

(2) 固まる(いつまでもドロドロしないで塗膜(固体)となること)

 

塗料にはたくさんの種類があり、
私たちは、塗料を「ペンキ」と呼び、
「水性と油性がある。」、「屋根用や床用、壁用、プラモデル用など、
用途別のものがある。」ということを知っています。

 

ですが、塗料や塗装関係の仕事をしている人は、
塗料を「ペンキ」と呼ぶことや、「ペンキ屋」と呼ばれることを好まないそうです。

 

塗料のプロ達は、塗料と言う化学工業製品を開発し、
適切な管理の下で塗装し、社会に貢献しているからです。

 

さて、水性塗料も、油性塗料も被膜(塗膜)を形成しなければ、
塗装の目的を達成しません。

 

固化し、被膜(塗膜)を形成したら、
すべての塗料は、塗膜を加熱した際チョコレートの様に流動するものと、
クッキーのように流動しないものの2種類に分類されます。

 

化学反応で分子量が増大する塗料は、クッキーのように流動しないものになり、
化学反応しないもの、つまり分子量が変らないものは
チョコレートのように流動するものになります。

 

たとえば、化粧品のネイルエナメルは、チョコレートタイプの塗料と言うことになります。

 

なぜなら、ネイルエナメルは、速乾性で、簡単に溶剤で除去することができるからです。

 

屋根用に塗料を使うのであれば、耐候性が必要なので、
丈夫な膜になるクッキータイプの塗料を使うことが重要です。

 

水性塗料は塗膜になるポリマーが水中に粒子として分散しています。

 

そして、その粒子同士が融着し、連続した塗膜を作ることができます。